歯列矯正

治療説明

Hospital Director and Introduction

審美歯科

実は今、矯正を希望する人が増えています

目立たない、痛くない、最先端のマウスピース矯正
こんな人が矯正を希望しています

「健康で美しく」という意識が高まってきた今日、歯科矯正を望む方が増えています。
相変わらず女性からの相談も多いのですが、とくに最近は30代、40代の男性サラリーマンがよく相談にいらっしゃいます。女性に限らず、男性もご自身の健康に対する関心がとても高く、それに対する投資であれば納得できるという方が多いですね。

矯正を希望される方にその理由をお伺いすると、「以前から歯並びが気になっていて、ずっと矯正をしたかった」と答える方がけっこうおられます。また、「昔の矯正が不十分だった」「“後戻り(矯正後、もとの状態に戻ろうとする力が働いて、歯が前後にずれたり、隙間が空いたりすること)”が起こったので、それを治したい」という方もいらっしゃいます。

いずれにしても矯正のニーズは以前より高まっていると感じています。

「見た目」重視から「健康」重視へ

相談される方の、その内容も少しずつ変わってきているような気がします。
もちろん、今でも「見た目」から矯正を希望される方が少なくありませんが、「肩こりがひどい。咬み合わせが原因かもしれない」「歯ぎしりやいびきを指摘されたので、咬み合わせを診てほしい」といった相談も受けるようになりました。また、虫歯や歯周病を治療しているときに私の方から、「肩こりはない?」「目は疲れない?」といったことを伺うこともあります。誰にでも、というわけではなく、不正咬合がとくに目立つ方に絞って聞いているのですが、「実はある」と答えた方に、咬み合わせとそれが誘因となるさまざまな症状についてお話すると、興味を持って聞いてくれます。

これも、健康情報の一つとして、咬み合わせは全身に悪影響を及ぼす可能性があるということが、だいぶ一般の人に浸透してからだと思います。

歯列矯正と咬み合わせの関係は?

実際、歯並びの悪さ(専門的には「不正咬合」と言います)は、虫歯や歯周病につながったり、肩こりや頭痛などの症状をもたらしたりする原因になるので、できれば咬み合わせが合った状態に矯正したほうがいい――これが私たち歯の専門家の意見です(不正咬合の問題については、コラム「豆知識1回」を参照)。しかし、歯並びが悪いからといって、単に歯並びをよくすればいい、というものではありません。ここは、しっかりと頭に入れておいて欲しいと思います。

咬み合わせというのは、一時的に決まるものではなく、長年の生活習慣によってもたらされた「クセ」のようなものです。歯並びが悪い人は、悪い人なりに咬み合わせが合っていることも少なくありません。ですから、それをご破算にして新しい歯並びに変えるということが、必ずしもいいとはいえません。私たち人間の美意識に基づいて「美しく」「健康“的”」な歯並びにした結果、体にかえって負担がかかって、新たに症状が出てきた、前より肩こりがひどくなったということも、現実問題としてあるのです。

したがって、矯正をするときは慎重に、「できるだけオリジナルの咬み合わせを変えないで、その方のもっともバランスの取れた咬み合わせに」もっていかなければなりません。それが結果として、患者さんにとっては「見た目では物足りない」結果になるかもしれません。ですが、咬み合わせを考慮したらそうならざるをえないこともあるのです。

歯並びを治す = 咬み合わせを治す

症状に心当たりがあったら、まずは相談

では、どういう方が矯正をした方がいいでしょうか。
例えば右の表のような症状があって、いろいろと病院で診てもらったけれど治らない、慢性的に続いているという方は、咬み合わせが原因で症状が起きている可能性があります。一度、歯科医院・病院で咬み合わせをチェックしてもらったほうがいいかもしれません。また、きちんと歯を磨いているのに虫歯や歯周病になりやすいという方も、歯並びの悪さが原因になっている可能性があります。やはり診てもらった方がいいでしょう。

咬み合せと関連が考えられる諸症状

片頭痛・めまい・いびき・鼻づまり・舌の痛み・発音障害・視力低下・眼底痛・耳鳴り・難聴・あごの関節が痛い・口を開けたときにあごの関節が鳴る・嚥下障害(えんげ)・首が回らない・肩こり・腰痛・不眠・うつ症状・冷え・手足のしびれなど

成人のマウスピース矯正 クリアライナー

見た目の問題から、よくあるワイヤーの矯正はできないという人が多いと思います。特に成人の場合、お仕事の都合など、社会的な問題から矯正したいけど踏み出せないという方が多いのが現状です。 また、あの装置がずっと入っているのが不快だという方もいらっしゃると思います。そういった悩みを解決したのが、マウスピース矯正です。

透明で目立たないクリアライナー

このマウスピースを一日の決められた時間に装着していくだけで、歯が理想的な位置へと動いていくのです。 透明で目立たないだけでなく、決められた時間以外は外しておけるという、大変快適な矯正装置なのです。歯並びに悩みがある方は、ぜひお問い合わせください

あなたのニーズにあった歯列矯正が可能に

歯列矯正の種類
マウスピース型矯正

透明なマウスピース型の矯正装置を用いた今、注目の最新矯正法。少しだけ矯正したい、人に知られずに矯正したい! このような方におすすめ!!

詳しくはこちら
通常の矯正
マウスピース型矯正

ブラケットを取り付ける従来の矯正法。とはいっても、以前よりブラケットが小さく、薄くなったうえ、透明なブラケットも登場。しっかり矯正したい人に。

詳しくはこちら

上記は代表的な2つの矯正法を紹介していますが、このほかに歯の裏側(舌側)にブラケットを付ける「舌側矯正」もあります。ブラケットが見えないので、矯正をしているかどうか、周りには分かりませんが、舌が痛くなるなどの問題もあります。
また、これらの矯正法は単独で行うこともあれば、組み合わせることもあります。インプラントと組み合わせることもあります。いろいろな矯正装置をアレンジして、歯並びの悪さ、ライフスタイルなどにあった矯正スタイルを選んでいきます。

矯正Q&Aへ

矯正方法

マウスピース型矯正法「クリアアライナー」

特徴

クリアアライナーとは、透明なマウスピースを歯にかぶせて歯を動かしていく矯正装置です。八重歯を抜かなければならないケース、歯が極端に出ているケース、著しい乱ぐい歯(歯が生える位置がバラバラで歯並びがでこぼこになった状態。あごに対して歯が生える場所が足りなくなることで起こる)など、ふつうの矯正でも難しいようなケースには対応できませんが、それ以外であれば矯正は十分、可能です。また、インプラントや入れ歯を施す前処置としても最適です。

マウスピース型矯正法「クリアアライナー」のメリットとは!?

こんな人に向いています!!

  • 歯並びが極端に悪くない人
  • 一部だけの矯正・少しだけの矯正を望む人
  • 以前、矯正したことのある人
  • 矯正していることを知られたくない・矯正装置を人に見せたくない(接客業など)

実際の症例写真

上の前歯の隙間が開いているのを、クリアアライナーで矯正し、隙間を埋めています。

上の前歯が外側に向いてしまっています。それをクリアアライナーでまっすぐに治しています。

行程

上のフローがクリアアライナーの矯正の一般的な流れになります。患者さんのライフスタイル、歯の動き方の状態などによって、若干、期間が変わることもあります。

マウスピース型矯正法「クリアアライナー」の一般的な流れ

■検査
レントゲンで歯周病や虫歯のチェックをします。必要なら虫歯治療や歯石除去などを行い、その後で歯形を取ります。この歯形をもとにクリアアライナーが作られますが、完成するまで2週間かかるので、その間は待つことになります。

■ソフト装着
2週間後に完成したクリアアライナーを取りに来てもらいます(ケースにはソフトタイプ・ハードタイプが入っています)。そこでまずソフトタイプのクリアアライナーを装着、歯をゆるやかに動かしていきます。装着は2週間続けます。

■ハード装着
2週間後、ハードタイプのクリアアライナーに変え、歯をしっかりと動かしていきます。3~4週間、装着をします。

■チェック
ハードタイプのクリアアライナーを付けてから1週間後に、新しく歯型を取るためと、歯の動き具合をチェックするため、診察を受けます。また、2週間後に新しいクリアアライナーができあがるので、それを受け取りに来てもらいます。

※この【ソフト装着】~【チェック】の行程(ステージと言います)を3、4回繰り返します。【リテーナー装着】矯正が終了したら、「後戻り」しないように、リテーナー(保定装置)という専用の装置を1年ほど付けてもらいます。


事前に取った歯形をもとに、歯を少し動かした状態の模型を作成。模型に合わせて、マウスピースを作り、それを装着することで少しずつ歯を動かしていきます。写真は、内側を向いている前歯(○をした部分)を、正面を向いた状態に矯正していく過程です。

料金表

クリアライナー(装置代) 30~50万円(片側)
チェック料 ※ 5000円/回
リテーナー代 1万円(片顎)
※歯周病・虫歯の治療は除く

従来型の矯正法

従来型のブラケット使用の矯正法
特徴

従来は、「ブラケット」と呼ばれる歯の表面に付け、ワイヤーで締めていく方法が取られていました。今も八重歯や乱ぐい歯(歯が生える位置がバラバラで歯並びがでこぼこになった状態。あごに対して歯が生える場所が足りなくなることで起こる)や反対咬合(下の歯が上の歯より前に出た状態。うけ口)などの方では、こちらの方法のほうが適しているといえます。

ただ最近は、ブラケットの性能も良くなり、小さく、薄くなっていますし、「いかにも矯正をしている」感じの受けるシルバーのメタルやチタンだけでなく、目立たちにくいセラミックやハイブリッドセラミック、プラスチックなどの素材を使ったブラケットも登場し、さりげなく矯正をすることもできるようになりました。ちなみに、写真はポリオキシメチレンという特殊な樹脂を用いたブラケットです。

こんな人に向いています!!
  • 歯並びが極端に悪い人
  • 上下の矯正を希望する人

歯列矯正Q&A

歯列矯正Q&A集
短期間で治療はできますか?
装着期間をしっかり守ることが、最善、最短の方法といえます。 過度の力で歯を動かすこともできますが、かえって歯が動かなくなったり、後戻りしやすくなったりするといった問題が起こることがあります。矯正時間を短縮することは、必ずしもプラスにはならないのです。ですので、例えばクリアアライナーなら1日16時間というきちんと装着期間を守るのが、いちばん確実で早い方法といえるでしょう。
矯正後、もとに戻ることはない?
「リテーナー」という装置をつけて、「後戻り」を防ぎます。
矯正の問題として「後戻り」というものがあります。これは、歯を動かしたあと、もとの歯の場所に戻ろうとする力が働いて、せっかく治したのに前後にずれたり、隙間が空いてしまったりすることをいいます。これを予防するために、矯正後1年間、リテーナー(保定装置)を付けてもらうことになります。
何歳までに始めないといけませんか?
歯や歯周の状態が悪くなければ、何歳でもできます。
虫歯や歯周病がない場合、あるいはそれらがあっても、きちんと治療した場合なら、何歳でも矯正はできます。治療をしながら矯正を行うことも可能です。当院では50、60歳で矯正を行っている方もいます。余談ですが、虫歯や歯周病、あるいは別の理由で歯が抜けてしまったとき、歯が抜けたままの状態で放っておくと、抜けた歯の周囲の歯の位置がずれてきて、入れ歯やインプラントを入れるのに支障をきたすことがあります。そのようなときに、部分的に矯正を行うこともあります。
痛みはありますか?
歯が動くときに痛みが出ることがあります。
やはり動き始めたときは少し痛みます。逆にまったく痛まないというのは、動いていない可能性もあるので、「痛み=矯正がしっかり行われている」と思ってもいいかもしれません。ただ、仕事や勉強に支障をきたすような痛み、眠れないほどの痛みはやはり困ります。その場合、従来の矯正法では痛み止めをお渡しすることもできますし、クリアアライナーならマウスピースを取ってもらっています(痛みが出たときに取ることができるというのもクリアアライナーのメリットかもしれません)。
抜歯は必要なの?
歯並びの状態によって、必要になることもあります。
八重歯や著しい乱ぐい歯、反対咬合などでは、やはり歯を抜かなければならないことが出てきます。もちろんその場合も理由を説明して、同意を得た上で抜歯を行います。
途中でやめたら、再開できる?
矯正法によって、できるものもあります。
従来の矯正法では、中断するときに装置を取ることになるので、再開するときは一からやり直す必要が出てきます。一方、クリアアライナーでは歯の状態によっても違ってきますが、1つか2つ前のステージから再開することができます。その場合、以前使っていたマウスピースをそのまま装着することが可能ですし、歯形を取り直すところから再開することもできます。
歯磨きは今まで通りでよい?
従来法ではいつも以上にていねいに、クリアアライナーはいつもどおりで。
従来の矯正法ではワイヤーやブラケットがじゃまになって歯が研きにくいですし、プラークもたまりやすいので、いつも以上にていねいにブラッシングをする必要があります。ブラッシングの方法については歯科医にしっかりと指導してもらったほうがいいでしょう。専用の歯ブラシもあります。一方、クリアアライナーでは歯を磨くときにマウスピースを外すため、今まで通りのブラッシングで十分です。
虫歯や歯周病があったらできない?
虫歯や歯周病を治しながら、矯正をしていくこともできます。
虫歯や歯周病がある場合、それらの治療をしながら、矯正を進めていくこともできます。
治療中に虫歯になったら?
虫歯の治療を行いながら、矯正を続けていくことになります。
矯正中に虫歯や歯周病になった場合も、矯正を続けることは可能です。ただ、この時期に虫歯や歯周病になったということは、磨き方や歯ブラシ習慣に何らかの問題があるかもしれません。ですの、一度、ブラッシングなどについて、説明を受けがほうがいいかもしれません。
片方だけの矯正はできますか?
可能ですが、結果的に両方される方が多いようです。
上の歯だけ、下の歯だけ、前歯だけ……というように、一部だけ矯正をすることも可能です。前歯の隙間が空いている、いわゆる「すきっ歯」の隙間を埋めたり、1本だけ前に出ていたり、奥に引っ込んでいる歯をその周囲と含めて並びをよくしたりすることもできます。なお、片側だけ希望されて実際に矯正をした方で、もう片方の歯並びが気になるようになり、結果的に両側を矯正されたという方も意外と少なくありません。

赤坂歯科診療所の治療・掲載内容にご興味のある方・ご質問はこちらから
ご予約・お問い合わせ
新橋診療所へのご予約・ご質問はこちらから
ご予約・お問い合わせ