レーザーディプライトメント(歯周病治療)

治療説明

Explanation of Treatment

レーザーディプライトメント(歯周病治療)

痛くない、歯を抜かない、歯周病、歯槽膿漏をレーザーで撃退

レーザー治療では、レーザーの光と熱によって従来は届きづらかった深いポケットや複雑な形態のポケットにも到達することが可能になりました。

細菌を減少または死滅を図り、内毒素を無毒化します。また炎症組織をレーザーにより蒸散させることにより、歯茎の治癒を促進し、歯根との再付着を促します。
従来の歯周病治療は、症状により麻酔が必要であったり、出血が多かったりと治療が思うように進まない事もあり、術後の治癒経過も遅い傾向にありますが、レーザー治療は麻酔が必要ない場合が多く、治療と同時に患部への殺菌・消毒や消炎も行える為、治癒経過も非常に良好となります。 故に、短期間での治療が可能ですので、患者様への負担が少ないという利点も持ち合わせています。

歯周病レーザー治療について

従来の治療方法

従来の治療方法ではスケーリングやSRPと呼ばれる方法で歯周病の原因である細菌を機械的に除去したり、薬剤を使用し細菌を死滅また減少させることが歯周病の治療として行われてきました。
しかしこの方法では、歯周ポケット(図1)が深い場合や歯周ポケットの形態が複雑な場所などは細菌が残ることが多く、また歯の根に染み込んだ内毒素(細菌の出す毒素)(図3)は、バイオフィルムという細菌の作る膜に囲まれていることにより、薬剤が浸透しないため効果 が出ないので、歯周病を完全に治すことが困難でした。

歯周ポケットの歯石 従来のスケーリング等は細菌が残ることがある 根面に染み込んだ内毒素は薬剤などの効果が薄い
隅々まで細菌を死滅させるレーザー治療

しかしレーザ治療により歯周病に治療に革命的な進化がもたらされました。 歯周病を治療するためのこのソフトレーザー治療は、ほぼ無痛であり、従来の歯周外科治療と同じか、それ以上の治療効果を得ることが出来ます。興学会新橋歯科では、痛みの少ない歯周病専用ソフトレーザー治療で、患者様に素敵な笑顔を取り戻していただきたいと考えています。

レーザー照射 再付着を起こした歯茎と根面

歯周病専用レーザー治療の良いところは?

従来の治療方法

切開しない!ハクリしない!縫合しない!!
この歯周病専用レーザー治療の主な目的は歯と歯茎の間にある骨や歯周組織の再生を促すことである。それに加えて治療中のレーザーによる熱が周囲の血を固めて歯周ポケットを封鎖し、細菌による進入を防止する。またレーザー治療は歯肉の退縮が細小なため、高いレベルでの審美性を獲得することに有効である。もちろん治療を受けられる患者様にはそのほか痛みが少ないこと、切開や縫合が無いこと、感染の危険性が少ないこと、短い時間での治療、そして早い術後回復を感じていただけることでしょう。

痛みが少ない。出血がほとんどなく、術後の晴れも少ない。術後の不快感が少ない。術後の回復が早い。骨の再生が期待できる。

歯周病専用レーザー治療中と術後にどんな事が予測されますか?

術前に治療中の痛みのコントロールのために麻酔を行う場合があります。
術中には0.3ミリほどの厚みの細いファイバーを歯周ポケット内に入れてレーザー光により歯と歯茎に存在する細菌を全て除菌します。それに加えて炎症を鎮め、さらには歯茎の創傷治癒を高める作用を行います。術直後はほとんど出血、痛みが無いためにすぐに仕事もできます。(必要に応じて抗生剤の投与を行います。)
術後数日は柔らかい食事、その後はほとんどの場合普通食を食べていただけるようになります。

安心・安全・信頼・実績の治療展開

日本で一般的に普及しているレーザーとは異なり、最新の特殊な波長によるレーザー光なので、歯肉や骨細胞へのダメージが少なく、ほぼ歯周用菌のみを殺菌できます。
歯周病の初期から末期までの症状に適用できます。

レーザー治療は、安全な治療法ですが、安心して治療を受けられる病院を選択することは患者様にとって重要なことです。また治療前には十分な治療実績を持つドクターと歯科衛生士が直接説明を行い、患者様に理解していただいた上で、治療を受けるかどうかの判断をいただいきます。
歯周病専用レーザー治療についてご関心をもたれた際は、お気軽にご相談ください

よくあるご質問

歯周病・歯槽膿漏を治したいけれど、手術時の痛みが気になります。
歯周病レーザー治療の場合、わずか1万分の3秒という短い単位で照射を行うため、ほとんど痛みが生じません。

妊娠している、ペースメーカーを使用している等の理由で、
身体への麻酔の影響が心配です。
歯周病レーザー治療では、患部の切開を行わず、レーザーでの蒸散を行うため、痛みがほとんど生じません。そのため、麻酔の回数を少なく抑える事が可能であり(麻酔が必要ないケースさえあります)ペースメーカーを使用している方、妊婦の方など麻酔の影響が大きい方の治療も可能となっています。
なるべく早く歯周病・歯槽膿漏を治したいのですが…
歯周病レーザー治療では、患部の殺菌・蒸散に加え、治療後の感染経路となる出血部位の止血と熱消毒を行えるため、治療後の経過が非常に良好であり、治癒も早い傾向にあります。 軽度の歯周病であれば1回、中度であれば週1回の治療を3~4回で治癒が可能です。
赤坂歯科診療所の治療・掲載内容にご興味のある方・ご質問はこちらから
ご予約・お問い合わせ
新橋診療所へのご予約・ご質問はこちらから
ご予約・お問い合わせ