ドックベストセメント治療(歯を削らない虫歯治療)

治療説明

Explanation of Treatment

ドックベストセメント治療(歯を削らない虫歯治療)

ドックベストセメント治療(歯を削らない虫歯治療)とは?

虫歯を除去せずに無菌化する

ドックベストセメント治療は、銅イオンの殺菌力により、虫歯を除去しないで無菌化する治療方法です。
虫歯を完全に除去しようとすると神経まで達してしまう場合などにドックベスト治療を行うと、神経を抜かないで済む確立が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。

ドックベストセメント(歯を削らない虫歯治療)の特徴

ドックベストセメント治療は、銅、酸化亜鉛、酸化チタン、リン酸、水酸化アルミなどを主成分とし、特に銅イオンが虫歯菌に効果的に効き、虫歯菌に侵された歯の象牙質の無菌化を促します。

治療時の痛みが少ない

一般的な虫歯治療と違い、ドックベストセメント治療は必要以上に歯を削らないので痛みを感じないことがほとんどです。また麻酔も必要無い場合がほとんどです。

歯の神経を残せる可能性が高い

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの銅イオンで患部を殺菌することにより、神経を残せる可能性が高くなります。

象牙質を再生させる可能性がある

ドックベストセメント治療は、虫歯菌に侵されている歯の内部の象牙質をドックベストセメントの銅イオンで殺菌することにより、それらの象牙質の再石灰化を促します。

歯の根の病気の殺菌

ドックベストセメント治療は、歯の根の病気の殺菌にも効果が期待できます。

硬く固まる

ドックベストセメントは、元々歯科用の接着剤(セメント)なので硬く固まり、流れてしまう事 がありません。

殺菌力が永続的に続く

ドックベストセメントの銅イオンが永遠に出続けるため、殺菌力が永続的に続きます。

天然ミネラルが主成分なので、副作用の危険がない

ドックベストセメントは、銅やリン酸、亜鉛など、天然ミネラルを主成分にしているため、副作用などの危険はありませんので、妊娠中の使用も可能です。

ドックベストセメント治療(歯を削らない虫歯治療)の流れ

[1]虫歯部分を意図的に残す

虫歯を完全に除去すると神経が出てしまう時、虫歯菌に感染してしまっている軟化象牙質(虫歯)を完全に除去しないで意図的に残します。

[2]殺菌洗浄後、蓋をする

残った虫歯部分の表面を殺菌水で洗浄した後、ドックベストセメントの殺菌成分を内部に浸透しやすくするコーバライトという薬液とドックベストセメントの粉を混ぜ合わせた薬液を塗り、その上からドックベストセメントで封鎖します。

[3]詰め物をし、完了

ドックベストセメントを残したまま、通常の詰め物をして、治療は完了です。1年程度で虫歯菌に感染した部分がドックベストセメントの銅イオンによって完全に殺菌され、再石灰化し、硬い象牙質もなります。

赤坂歯科診療所の治療・掲載内容にご興味のある方・ご質問はこちらから
ご予約・お問い合わせ
新橋診療所へのご予約・ご質問はこちらから
ご予約・お問い合わせ