全身麻酔法(無痛治療)

治療説明

Explanation of Treatment

全身麻酔法(無痛治療)

「全身麻酔法」日帰り集中治療ができる

全身麻酔というと「胃や肝臓など、『からだ』の手術の際にするもの」という認識を持っているのではないでしょうか。実際、歯科治療では全身麻酔をすることは、ほとんどありません。もしあるとしても、入院施設のある病院でなければ行っていないでしょう。しかし、あえて「無痛歯科治療」のための全身麻酔を取り入れています。

※日帰り全身麻酔は自費診療になります(一部保険診療対応可)

【静脈内鎮静法や全身麻酔法の特徴】
・気分が落ち着く、ある痛みなどを含め治療中のことを覚えていない(健忘効果)
・治療時間が短く感じられる
・精神的な緊張が和らぐことで血圧や心拍数など循環器にも優しいため、
 全身疾患をお持ちの方でも安心して治療が受けられる
・嘔吐反射が強い患者さんも、治療中の吐き気(えづき)を抑え、楽に治療することが出来る

真の意味での無痛歯科治療を目指すために

患者様の中には、静脈内鎮静法では、完全に恐怖感を払拭できるまでにはならない方がいます。たとえ少しでも「耐える」「ガマンする」というようなことが生じてしまっては、「歯の治療」ができても「心の治療」まではできなくなってしまいます。

「歯医者は怖くない、これからは治療できる」という実感と自信を患者さんが抱けなかったとしたら、私が目指している真の意味での無痛歯科治療ではなくなってしまうのです。

そうした患者様には、意識のない状態で治療に伴う不快感をまったく感じることなく治療を終えることのできる完全麻酔をおすすめするようにしています。

1日だけ仕事を都合して、その日のうちにすべて終えることができる

また、忙しいために、「1日でたくさんの歯を一度に治療してほしい」という方はずいぶん多いものです。企業のトップクラスの方や、子育てと仕事を両立しているような方などは、日々、時間との戦いです。 1日だけ仕事を都合して、その日のうちにすべて終えることができれば歯の治療もできるのに、という要望は決して少なくありません。

それを可能にするのも全身麻酔なのです。患者様には内科などで血液検査やレントゲンなどの検査をしていただいたり、前日から絶食していただいたりすることが必要になりますが、治療の不快感が皆無となるうえ、日帰りで集中治療ができるため、時間的負担は相当軽減できます。治療中には歯科の麻酔専門医が、血圧や脈拍、呼吸、体温など患者さんの全身状態をたえず確認しているので安心です。実際の手順を説明しましょう。

全身麻酔法の流れ

血圧計や心電図などのモニター機器をつけてから、点滴をはじめます
次に全身麻酔機のマスクを口元に添え、酸素を吸入します。

そのうえで点滴に麻酔薬を混ぜます。ほどなく体の力が脱けて、リラックスした状態のまま眠りにつくことができます。その後、マスクに吸入型の麻酔薬を混ぜて、のどの奥に酸素を送る管をつけ、患者様の状態を確認したうえで、歯科治療をはじめます。この時、意識がもうろうとしているだけで、実は深く眠っている状態ではない場合があるので、脳波のモニタリングによって本当に眠っているかどうかを判断するようにしています。

きわめて快適な状態のまま、治療をすることができます

全身麻酔法には、笑気吸入鎮静法や静脈内鎮静法と違って、原則的に局所麻酔は必要ありませんが、痛みのストレスを軽減する目的で局所麻酔も併用します。ただし、体が脱力状態になって気道がふさがってしまうため、人工的に気道を確保しなければなりません。しかし、それが鎮静状態や緊張緩和状態の妨げになることはなく、きわめて快適な状態のまま、治療をすることができます。 治療を終えて麻酔の薬をストップすると、次第に意識が戻ってきます。同時に脱力していた体に力が戻ってきます。

治療後はクリニックでゆっくり休んでいただきます

全身麻酔の場合は意識が戻った場合もまったく普段通りに醒めるまでには少し時間が必要になります。その間はクリニックでゆっくり休んでいただきます。 全身麻酔の場合も、歯科治療恐怖症の方はもとより、全身疾患をお持ちの方、心身障害がある患者さんなどに効果があります。 全身麻酔も、短期集中治療においては保険治療の対象外となります。

麻酔の種類

無痛治療で使用する麻酔は『静脈内鎮静法・麻酔法』『全身麻酔法』『笑気吸入鎮静法』の3種類があります。

静脈内鎮静法・麻酔法
全身麻酔法
笑気吸入鎮静法
赤坂歯科診療所の治療・掲載内容にご興味のある方・ご質問はこちらから
ご予約・お問い合わせ
新橋診療所へのご予約・ご質問はこちらから
ご予約・お問い合わせ